今日一日かけて転職の志望動機と自己PRを考える

Just another WordPress site

職を変える理由は書類選考や面接時の際に大変重要になってきます

2016年6月7日(火) 00:16

職を変わったわけは書類選考や面接時にとても大切です。
相手をうならせる原因でないとしたら印象が悪くなります。
ですが、職を変わった理由を聞かれても上手に伝えられない人も大勢いることでしょう。

多くの人が履歴書を書く際や面接の場でどうして職を変わったのか理由を伝えるのに困難を感じます。
労働時間が長いという理由で辞職したときは「生産性をきちんと考えた仕事をしたい」、仕事にやりがいがなく辞めた場合は「新しい環境でさらに成長を希望しています」と変えると印象がよくなります。ネガティブな転職理由も言い方を変えれば、ポジティブになります。履歴書に書くときには、150文字から200文字程度が理想とされています。
人間関係が退職理由の場合、素直に人間関係を転職理由として記載すると、人事の担当者は、「自社に入っても同じようなことが理由であっさりと辞めてしまうのではないか?」と心配してしまうでしょう。
直接の退職理由を伝えるのではなく、角の立たない転職理由を考えておいた方が順調な転職活動を進められます。ボーナスを貰い、退職をして、やりくりをしながら、新しい職を探せばよいと簡単に考えている方は、就職難になりやすいですから心に留めておいてください。
いくらボーナスをいただいて会社を辞めても、それ以後の仕事が決まらないようでは、本末転倒です。転職時には計画性が重要ですから、じっくりと落ち着いて検討をしましょう。

Category: 未分類
職を変える理由は書類選考や面接時の際に大変重要になってきます はコメントを受け付けていません。

転職する時に専門職以外ならそんなに資格も要らないでしょう

2016年5月31日(火) 03:37

転職の際に必要となる資格は、専門職以外はそんなに多くないようですが、取得した資格が有利に働くという点では、やはり、国家資格を所持していると有利なようです。
中でも、建築・土木系では建築士の資格を代表とする「業界独占資格」と言われるその資格を所有していないと現場で業務を実行できないという仕事が少なくないことから、注目すべきかもしれません。
職に就いてない期間が長いと、転職しにくいか否かは、無職期間にどんなことをしていたかによっても、異なってきます。
前職を辞めてから職業訓練校に通って資格を取ることができていたり、転職にプラスになるようなことを行っていたのなら、面接時に話すことによってかえってプラスの印象を与えられるでしょう。
正規の社員と比べると、待遇に大きな違いがあるといわれている契約社員の待遇についてですが、実際の給料の額には、一体どれくらいの差が生じるのでしょうか。テレビ番組によると、生涯の取得額でいうと、およそ8000万円の差が出てしまうという調査結果でした。人材紹介会社を使って転職が上手く行った人も少なくはありません。一人で転職の為の活動をするのは、精神的な疲労を感じることも多いです。
転職先が決まらないと、何をどうしたら上手くいくのかわからなくなることもあります。
人材紹介会社に頼めば、自分の望む求人情報を探してくれたり、有効なアドバイスをしてもらえるでしょう。

Category: 未分類
転職する時に専門職以外ならそんなに資格も要らないでしょう はコメントを受け付けていません。

余裕も持たずに転職活動をすると今より収入が低いところに転職することになる?

2016年5月24日(火) 01:03

余裕のない気持ちで転職活動をすると、目先のことにとらわれて、とにかく何かしらの職に就きたいと年収の低い仕事を選んでしまうこともあります。
その結果、今までの職より収入が減ってしまう事があります。
そうなってしまったら、なんのために転職したのかと後悔したくなるでしょう。
年収をアップしたいのであれば、心にゆとりをもって仕事を探しましょう。「35歳転職限界説」は知らない人がいないくらい有名ですよね。
これは35歳を超えると転職することができなくなるという説です。
まだこのような噂がありますが、本当に、そうなのでしょうか?実のところは、35歳転職限界説は現在では有効ではなくなっています。
現在は、どの会社も生き残るために必死なので、35歳以上だからという理由だけで不採用にしている場合ではないのでしょう。中小企業は色々な経営上の問題を有しているため、中小企業診断士の資格を得ていれば、転職する時にも有利になるでしょう。中小企業診断士という名の資格は、中小企業の問題を診断して、解決したり、経営上のアドバイスをする専門家であって、経営コンサルタントと同等の役割だと理解して間違いありません。専門職の場合、求人の条件として指定される資格を持っているなどと記されている求人もあるので、転職して専門職に就くなら資格を有する人が有利となります。
さらに、資格を持つ人とそうでない人とでは、人事部により、履歴書の確認がなされた場合にも開きが出てくるでしょう。

Category: 未分類
余裕も持たずに転職活動をすると今より収入が低いところに転職することになる? はコメントを受け付けていません。

↑Page Top

Copyright(c)今日一日かけて転職の志望動機と自己PRを考える. All rights reserved.