今日一日かけて転職の志望動機と自己PRを考える

Just another WordPress site

職を変える理由は書類選考や面接時の際に大変重要になってきます

2016年6月7日(火) 00:16

職を変わったわけは書類選考や面接時にとても大切です。
相手をうならせる原因でないとしたら印象が悪くなります。
ですが、職を変わった理由を聞かれても上手に伝えられない人も大勢いることでしょう。

多くの人が履歴書を書く際や面接の場でどうして職を変わったのか理由を伝えるのに困難を感じます。
労働時間が長いという理由で辞職したときは「生産性をきちんと考えた仕事をしたい」、仕事にやりがいがなく辞めた場合は「新しい環境でさらに成長を希望しています」と変えると印象がよくなります。ネガティブな転職理由も言い方を変えれば、ポジティブになります。履歴書に書くときには、150文字から200文字程度が理想とされています。
人間関係が退職理由の場合、素直に人間関係を転職理由として記載すると、人事の担当者は、「自社に入っても同じようなことが理由であっさりと辞めてしまうのではないか?」と心配してしまうでしょう。
直接の退職理由を伝えるのではなく、角の立たない転職理由を考えておいた方が順調な転職活動を進められます。ボーナスを貰い、退職をして、やりくりをしながら、新しい職を探せばよいと簡単に考えている方は、就職難になりやすいですから心に留めておいてください。
いくらボーナスをいただいて会社を辞めても、それ以後の仕事が決まらないようでは、本末転倒です。転職時には計画性が重要ですから、じっくりと落ち着いて検討をしましょう。

↑Page Top

Copyright(c)今日一日かけて転職の志望動機と自己PRを考える. All rights reserved.